○○を探すだけで4万ドル、ペンタゴンからの挑戦。・そこのお前ちょっとこい。国内・海外問わず、IT・政治・経済・スポーツ・テクノロジー・芸能などの幅広い情報を扱い保存しておくように見せかけてあるサイト。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

○○を探すだけで4万ドル、ペンタゴンからの挑戦。


○○を探すだけで4万ドルとはなんだか悪徳商法の宣伝をしているみたいですが、ペンタゴンが研究の一環みたいな感じで変わったキャンペーンを実施するようです。
CIAやFBIの情報要員向けSNS「A-Space」が設立されるなど、アメリカの公的機関はネットの持つ力をかなり重視してきていますが、米国国防総省の研究機関DARPA(国防高等研究計画局)がインターネット生誕40周年を記念して、インターネットを大いに活用するちょっとしたゲームを仕掛けてきているようです

DARPA Network Challenge

このDARPA Network Challengeは「広範囲かつ迅速な解決が必要な問題に必要不可欠なリアルタイムなコミュニケーション、チーム編成、緊急動員に対するインターネットやソーシャルネットワーキングの役割を研究する」ためのもの。

ゲームのルールはいたってシンプル。12月5日の朝10時(東部標準時)から夕方4時(現地時間)の間だけ、アメリカ本土のどこかで揚げられる10個の気球の緯度と経度を一番最初にすべて答えた人に4万ドル(約360万円)の賞金が贈られます。

気球は誰でも簡単にアクセスできて、近くの道路から見えるところに揚げられるそうですがそれ以外のヒントはまったくなし。要するに

「インターネット上で誰かが気球についてのブログを書いたり動画を投稿したりするだろうからそれらを徹底的に検索して場所を割り出せ」

ということのようです。締め切りは12月14日までとなっているため与えられた時間はたったの10日間。かなり熟練した検索スキルが必要になりそう。最新の情報についてはTwitter上で逐一アップされます。

確かに最近はインターネットを使ったサービスが凄まじいスピードで進化していますからね。有名どころで巨大なユーザーを抱えたサービスと言えば「某巨大掲示板」「YouTube」「ニコニコ動画」「Twitter」「mixi」…

ほかにも色々あると思いますがコミュニティー系のサイトはビジネスに使われたり犯罪に使われたりと凄いことになっていますね。

余談ですがインターネットの原型であるARPANET(アーパネット)を開発したのはDARPAです。

引用元:GIGAZINE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。