任天堂、DSを大画面化、本体も巨大化した「ニンテンドーDSi LL」を発売・そこのお前ちょっとこい。国内・海外問わず、IT・政治・経済・スポーツ・テクノロジー・芸能などの幅広い情報を扱い保存しておくように見せかけてあるサイト。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

任天堂、DSを大画面化、本体も巨大化した「ニンテンドーDSi LL」を発売


dsll

任天堂がDSの液晶を巨大化した「ニンテンドーDSi LL」を発売する事を正式に発表したようです。
DSiが広視野角・大画面に!ニンテンドーDSi LL ― 11月21日、20,000円で新発売 ―

先日任天堂がさらに大画面になった新型ニンテンドーDSやマジコン対策を強化した「ニンテンドーDSi」を発売すると日本経済新聞社が報じましたが、先ほど任天堂が正式発表を行いました。

新たにお目見えしたのは4.3インチの液晶ディスプレイを搭載しているソニーのPSPとほぼ同じサイズにあたる、4.2インチ液晶ディスプレイを採用した新型モデル「ニンテンドーDSi LL(ディーエスアイ エルエル)」です。

なお、上記画像の点線部分はニンテンドーDS Liteの画面の大きさを表しています。

このリリースによると、任天堂は11月21日からニンテンドーDSシリーズの最新モデルとして「ニンテンドーDSi LL(ディーエスアイ エルエル)」を発売するそうです。価格は2万円で本体カラーは「ダークブラウン」「ワインレッド」「ナチュラルホワイト」の3種類。

「ニンテンドーDSi LL」は「もっと大きな画面で」「みんなと一緒に」DSを楽しみたいというユーザーの声に応えた「LLサイズのニンテンドーDSi」で、3.0インチの液晶を搭載したニンテンドーDS Liteより93%大きい4.2インチの液晶画面を搭載。

これにより表示される文字が大きくなっただけでなく、画面の視野角も向上しています。また、標準の本体に格納できるタッチペンに加えて、日常使っているペンに近い長さとなる129.3mmのタッチペンを同梱しているとのこと。

また、ダウンロード販売されている「ニンテンドーDSiウェア」の中から「ちょっと脳を鍛える大人のDSiトレーニング文系編」「ちょっと脳を鍛える大人のDSiトレーニング理系編」「明鏡国語 楽引辞典」の3つがプリインストールされています。

しかし、任天堂は様々なユーザー向けにいろんな商品を出しますね。昔から1種類の媒体に対していろんなハードを出してきましたからね。

それに対して、ソニーは基本的には互換性を保ちつつ、新ハードを出すときは小型化などのマイナーチェンジが多いです。

ソフトの品質は個人的にはソニーのほうがいいと思うのですが、売れ行きは任天堂には及びませんね。任天堂はライトユーザーの取り込みによって利益をあげているといっても過言ではないと思うので、どうもゲームらしいゲームがあまりないように思います。

ソニーのPSP goに関してはもう本当に迷走状態なんじゃないかと心配してしまいます。ニンテンドーDSi LLは年配層やこれぐらいの大きさがちょうどいいという人たちに売れそうだと思います。

引用元:GIGAZINE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。