娘の名前「玻南」が受理されず。両親は最高裁でも争う模様。・そこのお前ちょっとこい。国内・海外問わず、IT・政治・経済・スポーツ・テクノロジー・芸能などの幅広い情報を扱い保存しておくように見せかけてあるサイト。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘の名前「玻南」が受理されず。両親は最高裁でも争う模様。


「玻(は)」という漢字を名前に付けた娘(生後11か月)の出生届を、名古屋市が「人名用漢字ではない」などとして受理しなかったのは不当だとして、同市東区の両親が受理を求めた裁判で、名古屋高裁は先月、訴えを退けた。

このため矢藤仁さん(40)、清恵さん(38)夫妻の次女、玻南(はな)ちゃんは戸籍がないままで、両親は近く、最高裁に抗告する考えだ。
「子供をおとしめる文字ではなく、意味のない当て字をしたわけでもない。思いを込めた名前をつけてあげたい」

と訴えている。旧約聖書に登場する女性「ハンナ」と、

「瑠璃(るり)も玻璃(はり)も照らせば光る」
(つまらないものと混じっていても、素質の優れたものは輝いてすぐにわかる)

ということわざから命名した。

戸籍法は、名前に使う漢字は「常用平易な文字を用いなければならない」と定めており、市は、「玻」が常用漢字や人名用漢字にないことを理由に、出生届を受理しなかった。

両親は名古屋家裁に審判を申し立てたが、1月に却下。即時抗告したが、名古屋高裁でも10月27日、「明らかに常用平易と認められない以上、戸籍上で使えないことはやむを得ない」との判断が示された。

そこまでして変な名前をつけてもなにも良いことはないのですが。大体、瑠璃も玻璃も照らせば光るの玻璃はガラス(又は水晶)で瑠璃は宝石なので、どちらかというとつまらないものじゃないですか。それをわざわざ玻璃と名付けるとは色々と大変ですね。

世の中では子供につけられた変な名前をDQNネームと呼びますが、今回は少しそれとは違うような気がします。DQNネームは、光宙=ぴかちゅう、とかいうレベルですからこれでもまだましに思えてしまいます。

引用元:痛いニュース
Copyright © ニュース処ボルボルボルボル局 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。