Mozilla、「Firefox 3.6」のβ1をリリース・そこのお前ちょっとこい。国内・海外問わず、IT・政治・経済・スポーツ・テクノロジー・芸能などの幅広い情報を扱い保存しておくように見せかけてあるサイト。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mozilla、「Firefox 3.6」のβ1をリリース


Mozilla Foundationは10月30日、Firefox 3.6(コードネーム:Namoroka)のβ1をリリースした。Windows、Linux、Mac OS X向けの日本語を含む各国版がMozillaのサイトからダウンロードできる。
Firefox 3.6は開発中のレンダリングエンジン「Gecko 1.9.2」を採用しており、β1では新たにスキンアドオン「Persona」を組み込んでWebブラウザの外観を1クリックで変更できるようにしたほか、更新が必要なプラグインがあるとユーザーに警告する機能を追加した。

オープンフォーマットのビデオをフルスクリーンで表示できるようになり、オープンなWebフォントフォーマットの「WOFF」をサポートし、新たなCSS、DOM、HTML5技術をサポートした。また、JavaScriptのパフォーマンスと、Webブラウザの応答性と起動時間を改善したとしている。

α1版リリース段階ではβリリースは9月初頭の予定だったが、大幅に遅れた形だ。今後のスケジュールはFirefoxの議事録によると、11月下旬にRC版(リリース候補版)を公開し、正式版は12月にリリースする見込みとなっている。

Mozillaは、このバージョンはフィードバックを得るためのβ版であるため、常用Webブラウザとしては利用しないよう求めている。

私の常用しているブラウザはこのFirefoxなので早く正式版が出てほしいです。しかし、Firefoxはアドオンが命なので今まで使っていたアドオンが機能しなくなると痛いのでしばらくは様子見になってしまいそうです。

バージョンアップのたびにアドオン待ちで様子見になることはFirefoxユーザーにとって必至だと思います。

引用元:ITmedia
Copyright © ニュース処ボルボルボルボル局 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。