小型B-CASカードを採用した製品が登場、ワンセグチューナーも搭載・そこのお前ちょっとこい。国内・海外問わず、IT・政治・経済・スポーツ・テクノロジー・芸能などの幅広い情報を扱い保存しておくように見せかけてあるサイト。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小型B-CASカードを採用した製品が登場、ワンセグチューナーも搭載


mini

私はB-CASカードというものを廃止してほしいという気持ちで胸がいっぱいといった気持です。

先日、小型のB-CASカード(ミニカード)の運用が開始されるということをお伝えしましたが、さっそくこのミニカードを採用した製品が発売されることになったようです。
製品ページ

このページによると、アイ・オー・データは11月下旬から小型B-CASカードを採用した地上デジタル放送およびワンセグ対応のUSB外付けチューナー「GV-MVP/HZ3」を発売するそうです。価格は1万3600円。

「GV-MVP/HZ3」は地デジとワンセグの両方を利用可能となっており、外出先ではワンセグチューナーとして利用可能であるほか、ハイビジョン映像のままCPU負荷を低減する「Netbookモード」を搭載することで、ネットブックでも地デジの視聴が可能となっています。また、パソコンで録画したワンセグ番組は、メモリースティックPROデュオを利用することでPSPでも視聴可能。

まさかここまで小型化されるとは思っていませんでした。これだけ以前のカードが大きかったということでしょう。こんなことになるのなら廃止にしてしまえばもっと小型化できるでしょう。

B-CASカードがボトルネックになって小型化の足を引っ張っていることがよくわかってしまったように思います。こんな便利なアイテムが作れるならとっとと廃止してほしいです。

引用元:GIGAZINE
Copyright © ニュース処ボルボルボルボル局 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。