たけしが激白 「昔からクスリやっている芸能人は多い」・そこのお前ちょっとこい。国内・海外問わず、IT・政治・経済・スポーツ・テクノロジー・芸能などの幅広い情報を扱い保存しておくように見せかけてあるサイト。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たけしが激白 「昔からクスリやっている芸能人は多い」


押尾学に酒井法子の薬物使用――、世間を騒がせた大物俳優の逮捕劇。17日発売の『東京スポーツ』では、客員編集長・ビートたけしが芸能界の今昔薬物汚染を激白した。
たけしによると、昔から薬物に手を染めている芸能人は多く、芸人ではミヤコ喋々、三波伸介、東八郎、かしまし娘(すべて故人)などの実名をあげたが、1951年の覚せい剤取締法執行まで「ヒロポン」と呼ばれる薬物は合法だったため、使用していたとも説明する。

また、たけしがフランス座にいた頃は、ダンボールにアンプル(注射剤)が山積みになっており、皆、これを使用してから舞台に上がっていたようで、これにはさすがのたけしも「驚いた」と明かしている。

ヒロポンを使用していた芸人は早死が多く、79歳まで生きた由利徹(故人)に関しては、“ヒロポンに勝った男”と称したたけしも、薬物関係の罪はもっと重くすべきと提言する。

さらに、レストランなどで若手の俳優に挨拶をされると、「こいつ正常な精神状態じゃないな」という人間が多いと感じるようで、同紙の最後には「早く次のやつ捕まらないかな」と語っている。

この話を聞くと徹底的に捜査をすればまだまだ覚醒剤や、麻薬、大麻、合成麻薬などの薬をやっている芸能人が出てくるということになりますね。

無名なところも含めれば何十人規模で出てきてもおかしくはないと思います。たけしさんの話を聞く限り芸能界は薬物汚染が広がっているようですね。新興宗教とかもありますが。

それにしても、ヒロポンは社会的問題になったと教科書に載っていたと思うので、少し懐かしい気持ちになりました。

引用元:ライブドアニュース
Copyright © ニュース処ボルボルボルボル局 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。