宇宙にメッセージ!豪科学誌が企画・そこのお前ちょっとこい。国内・海外問わず、IT・政治・経済・スポーツ・テクノロジー・芸能などの幅広い情報を扱い保存しておくように見せかけてあるサイト。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙にメッセージ!豪科学誌が企画


HelloFromEarthというプロジェクトが、生命が存在するかもしれない惑星に送信するメッセージを一般の人から募集している。
太陽系外の惑星にメッセージを送るプロジェクトが、オーストラリアで進められている。

HelloFromEarthと呼ばれるこのプロジェクトは、科学誌COSMOSがオーストラリアのナショナルサイエンスウィーク向けに企画したものだ。一般の人からメッセージを集めて、米航空宇宙局(NASA)のアンテナで宇宙に送信する。送信先は太陽系外のGliese 581dという惑星で、生命が存在する可能性があるという。

HelloFromEarthは8月12日から23日まで、Gliese 581dに送るメッセージをWebサイトで受け付けている。オーストラリア以外の国からも応募できるが、メッセージは英語のみで160文字まで。サイトには、「いつか会えたらいいですね」「あなたたちの星を訪問したいです」「星間バーベキューにご招待します」といったメッセージが寄せられている。

集められたメッセージはテキストファイルにまとめられ、バイナリコードに変換され、豪キャンベラにあるNASAの施設から送信される。 Gliese 581dは地球から20.3光年の位置にあり、メッセージの到着は20年後の2029年12月ごろの予定。返事をもらえるとしたら、Gliese 581dの通信技術が高度なものでない限り42年かかるという。

こんなに離れていたら、たとえ文明と呼べるものがあってもメッセージを送られたことに気がつかずに終わってしまうのではないでしょうか。

それは逆に地球にもメッセージが来ていて気がつかないでいるとも考えられます。そう考えると夢があるように思えてきます。

引用元:ITmedia
Copyright © ニュース処ボルボルボルボル局 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。