楽天がパソコンから検索履歴を収集・そこのお前ちょっとこい。国内・海外問わず、IT・政治・経済・スポーツ・テクノロジー・芸能などの幅広い情報を扱い保存しておくように見せかけてあるサイト。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽天がパソコンから検索履歴を収集


楽天が同社の検索サイトにアクセスした利用者のパソコンから、他社サイトにアクセスした履歴に関する情報を収集し、広告配信に利用していることが判明した。

行政や消費者団体なども巻き込んで問題視する声が強まっている。
この行為自体に違法性はないが、「情報が勝手に収集されて気味が悪い」などという利用者の声に加え、インターネット広告事業者なども「広告価値を下げる」と批判している。

問題が指摘されたのは、楽天が昨年6月から自社の検索サイト「インフォシーク」に導入した「楽天ad4U(アドフォーユー)」と呼ばれる広告配信システム。

これは、インフォシークを訪れた利用者のパソコン上のブラウザ(閲覧ソフト)内に蓄積された過去のサイト閲覧履歴を15種類に分類。

楽天がその情報に基づき、利用者の閲覧履歴に合わせた分野のネット広告を配信する仕組み。楽天は今後、グループ内の他のサイトでも、このシステムを適用させる計画だという。

利用者のアクセス履歴に合わせて広告を配信する仕組みは「行動ターゲティング広告」と呼ばれ、ヤフーやグーグルなど多くのサイトで導入されているが、現在は自社のサイト内だけのアクセス情報を収集するのが一般的だ。

楽天は個人情報保護と言う概念がないのでしょうか、以前にも会員のメールアドレスを収集して売っていたというニュースがありましたが、今回のこれと相まってますます不信感が高まりました。

しかし、残念なことに物を買う時に楽天が一番安いなんてこともあるので利用することもあります。

そんな時は注文画面の一番下のほうにある分かりにくいメールマガジンを購読するというチェックをはずして注文してます。

広告メールが結構来ますから。

引用元:イザ!
Copyright © ニュース処ボルボルボルボル局 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。