台湾でよく使われる日本語は「の」・そこのお前ちょっとこい。国内・海外問わず、IT・政治・経済・スポーツ・テクノロジー・芸能などの幅広い情報を扱い保存しておくように見せかけてあるサイト。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾でよく使われる日本語は「の」


世界の中でも、親日家の多さではどこに負けない台湾。戦争の影響もあって日本語を話すことができる年配者が多く、日本語を勉強する若者たちも増えているという。そして、町中には日本製のグッズや日本をモチーフにしたデザインなど、多くの「日本」を見かけることができる。
特に目に入るのは、日本語を使用した看板だ。台湾では看板の一部に日本語をポイントとして書くことが多く、アクセントとして使用されている。そんな看板に使用されている日本語で一番多い文字が、ひらがなの「の」だ。

「〇〇の〇〇」というような使われ方をしており、〇の部分には中国漢字が入る。台湾の人たちも「の」の意味を理解している人が多いようで、単なるデザインだけでなく意味の通る言葉としても「の」が使われている。

日本人としては、異国で自国の言葉を目にすることができるのは、ちょっと嬉しいことですね。台湾に行くことがあれば、ぜひともチェックしてみてください。

確かに台湾に親日家が多いというのは知っていましたが、よくつかわれる日本語が「の」と言うのは何となくマニアックな気がします。

名詞ではなく接続詞が使われているところがマニアックです。

日本語は独立した言語と言った感じで似通った近しい言語が他にないので、海外で目にするということはほどんどありませんが、台湾に行ったら予想よりも多く日本語が使われているかも知れません。

引用元:ライブドアニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。