糞企画 TBS企画『壁を壊そう!炎の240時間マラソン』・そこのお前ちょっとこい。国内・海外問わず、IT・政治・経済・スポーツ・テクノロジー・芸能などの幅広い情報を扱い保存しておくように見せかけてあるサイト。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糞企画 TBS企画『壁を壊そう!炎の240時間マラソン』


TBS企画『壁を壊そう!炎の240時間マラソン』でランナーを務めたものまねタレント・山本高広が、8月22日16時47分に東京の赤坂サカスにゴールインした。山本は大阪・長居スタジアムを13日午前6時に出発。夜間ランナーのお笑い芸人・長井秀和と交代しながら、無事600キロを完走した。しかし感動フィナーレのはずが、なぜかネットでは盛り下がっていた。
その理由のひとつは中継方法だ。山本が走る姿は一部のレギュラー番組で断続的に伝えるだけで、夜間ランナーの長井に至っては中継すらほとんどない状態。「なんとなく『山本がんばってるのね』くらいの情報しかないから、感情移入しにくい」(ANNEX)状態では、ゴールシーンで関係者が叫べば叫ぶほど、視聴者はしらけた気分に。

「企画の意味が分からない」との意見も目立った。「日テレ24時間テレビをつぶすためでは」「世界陸上放映期間中、山本の織田裕二のモノマネを封印するのが目的」などの憶測も流れている。こんな企画に乗せられた山本・長井が気の毒と、ランナーに同情する声も挙がった。

この手の“マラソン企画”に疑問を呈するのは『よこよこ』のブロガーだ。「マラソンの素人が、テレビ局の無茶な企画につきあわされている姿を見ても感動できない。きちんと陸上を志している人たちに対して失礼」と指摘する。

同じ企画の使いまわしや安易な2番煎じを続けても、視聴者は離れていくばかりなことに、テレビ局はそろそろ気づいてもいいころでは。

こんなものを考えるTBSはすごいですね、やる意味が分からなく、おもしろくもなく、ランナーがかわいそうに見えて、ランナーのうち一人はほとんど中継をしないという。そもそも走り終わる直前まで長井が走っているなんて知りませんでした。

テレビをつけてザッピングしているといきなり山本が走っていてなんじゃこりゃと思いました。

TBSはこの腐った体質をなんとかしないと、視聴率を取り戻すことはできないのではないでしょうか。

8時だョ!全員集合はTBSで放送されていたようですが、もうこのときの様なTBSには戻れないのでしょうか。

引用元:ヤフーニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。