Webはかつてないほど危険に IBMが警告・そこのお前ちょっとこい。国内・海外問わず、IT・政治・経済・スポーツ・テクノロジー・芸能などの幅広い情報を扱い保存しておくように見せかけてあるサイト。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Webはかつてないほど危険に IBMが警告


Webを通じた脅威がかつてないほど危険な状態にあるという。米IBMが8月26日に公開した2009年上半期のセキュリティ動向報告で、Webの脅威の現状について紹介した。

それによると、期間中に見つかった悪質リンクは508%増となり、不正サイトばかりではなく検索サイトや掲示板、大手ニュースサイト、個人のブログにいたるまで、サイト内に悪質なコンテンツが埋め込まれる事態が増えている。こうした脅威は、データベースへの不正アクセスを可能にする深刻な脆弱性が原因になる。
正規サイトに悪質なコンテンツを埋め込むことを狙ったSQLインジェクション攻撃は、2008年第4四半期~2009年第1四半期に50%、2009年第1四半期~同第2四半期に約200%それぞれ増加した。攻撃者は攻撃を通じてサイト閲覧者をマルウェアに感染させ、感染者のマシンを不正に操作することが目的だという。

攻撃に悪用されることの多い脆弱性は、期間中に公開されたものが3240件で、前年同期に比べて 8%減少した。しかし、PDFの脆弱性は2008年通期を上回り、同社が観測したPDF悪用などの不審なコンテンツは2倍近く増加した。49%の脆弱性については、開発元からパッチが提供されない状態が続いている。

セキュリティ監視部門X-Forceの統括者、クリス・ラム氏は「インターネットは、誰も信頼することのできない西部劇のような様相を帯びてきた。安全なWeb閲覧などというものは存在せず、ユーザーはすべてのWebサイトに疑いを持ち、リスクに晒されていることを認識すべきだ」と警告している。

物騒な話ですね、PDFの脆弱性とはAdobe Readerのバクをついたものなのでしょうか。

私はAdobe Readerの重さにうんざりしてほかのPDFリーダーを入れていますがそれでも脅威が完璧に無くなったわけではないのでしょう。

皆さんも外国の怪しいサイトに特攻するようなまねは避けたほうがいいと思います。

引用元:ライブドアニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。