マイクロソフトが北米でXbox360の価格を値下げ・そこのお前ちょっとこい。国内・海外問わず、IT・政治・経済・スポーツ・テクノロジー・芸能などの幅広い情報を扱い保存しておくように見せかけてあるサイト。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイクロソフトが北米でXbox360の価格を値下げ


マイクロソフトが家庭用ゲーム機「Xbox 360」のハイエンドモデル「Xbox 360 エリート」の北米での販売価格を399.99ドル(約3万7400円)から299.99ドル(約2万8000円)へ値下げすることを発表しました。同時に、「Xbox 360 Pro(日本名はXbox 360 スタンダードモデル)」も299.99ドル(約2万8000円)から249.99ドル(約2万3000円)へ値下げされるそうです。
マイクロソフトの発表によると、もっとXbox360で楽しい経験をしてもらうためにエリートモデルを399.99ドル(約3万7400円)から 299.99ドル(約2万8000円)へ値下げするほか、プロモデルは現在の在庫については299.99ドル(約2万8000円)から249.99ドル (約2万3000円)へ値下げするそうで、在庫が無くなり次第販売終了となるようです。一方で、最も安い価格が設定されているアーケードモデルは 199.99ドル(約1万9000円)で据え置かれるとのこと。

なお、日本国内での値下げについては特に言及されていません。

マイクロソフト、ソニー、任天堂の最新ハードの値段を比べると、

PS3:約3万
Xbox360:約2万8000円(約2万3000円)
Wii:約2万5000円

と言う感じですが、性能的に並べると

PS3≧Xbox360>Wii

となると思います。価格が高いほうが性能がいいという当然と言えば当然の結果ですが、その差は日本の販売価格では5000しかありません。

PS3にはブルーレイドライブを備えていることや、処理能力などを考えると、このなかでのおか買い得感は個人的には、

PS3>Xbox360=Wii

という感です。

Xbox360とWiiは意見が分かれるところかも知れませんが、PS3がこのなかで圧倒的に価格に対する性能が高い、コストパフォーマンスが高いというのは間違いないでしょう。

PS3で遊びたいタイトルがあるという人は今が買い時だと思います。

日本でもXbox360が値下げになれば、Wiiは不利な状況になるかもしれません。

引用本:GIGAZINEライブドアニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。