IBM、分子構造の画像化に成功、半導体の小型化、省電力化への貢献に期待・そこのお前ちょっとこい。国内・海外問わず、IT・政治・経済・スポーツ・テクノロジー・芸能などの幅広い情報を扱い保存しておくように見せかけてあるサイト。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IBM、分子構造の画像化に成功、半導体の小型化、省電力化への貢献に期待


20090828-00000002-cwj-sci-view-000.jpg


米国IBMは8月27日、低価格で電力効率の高いチップの開発を目指す基礎研究の成果として、分子表面の画像化に初めて成功したと発表した。
IBMが発表した画像は、原子サイズで分子の構造を示したもので、将来的にはチップ内の分子や原子の状態を理解し、操作できるようになる可能性もあるという。

IBMの広報担当者は、電子メールによる取材に対して、「原子や分子のレベルで電子機器の構成要素やデバイスを探求できる新たな可能性が開かれたという点で、先駆的な成果だと言える。これにより、従来のCPUやメモリーよりもはるかに小型で高速かつ電力効率の高い製品を開発できるようになるかもしれない」と答えた。

私は部品の小型化よりもこの技術によって、さらに記録容量が高密度になってTB単位の記録メディアが安価になることを望んでいます。

CPUの性能もこの分だと順調に右肩上がりで上がっていきそうですね。

引用元:ヤフーニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。